内神道創始者の紹介と老子館へ
本流の楊式太極拳の公式サイト
 教材書籍
東京新宿太極拳長江会 新宿事業本部
「内神道」の正式公示 2013年11月発行


              English


        内神道は日本国発祥の国産楊式太極拳武道です。誰でも学べる、日本の文化を基礎にして成った高い武道編成が魅力です。
             つくば市研究学園都市道場―文化武道小ホール募集                   国際会議場廣學習會2015                   
                                                                          林邦史朗先生演じる武田信玄公(NHK大河)

 ◎ 林邦史朗先生追悼記事ー深く喪に服していた内神道NEW                 募集開始 
   筑波山神社奉納演武会が第11回の大会は、2016・10・13(木)予定 
福祉の手引きー豊島区から

 平成3年度に東京都豊島区の福祉の

 てびき表紙に――



 関連サイト

 内神道への便り→VOICE

 内神道をご理解いただく緒論

 内神道の国家登録

 最近の情報から

 『本流の楊式太極拳入門』発刊

 過去の記事から

  
    =大覚寺の夏 2015年7月=
  (筑波関東総道場の近郊の名寺
   内神道PHOTOー親鸞聖人法難の地)
  (親鸞聖人は現筑波関東総道場の地
  に来られて修業された;旧薬王院)



 主要な事業2014年
 広告 佐野道場から

 OS = バージョンによる乱れの回避







              tamon.or.jp多聞内神道公式サイト
            内神道のホームページへようこそ 

                  国技館演武会の開会式図
             ― 両国国技館での演武会の開会式図 ―

     さいたまスーパーアリーナ大会の大師兄(四段以上)演武図から)
    ―さいたまスーパーアリーナ大会より大師兄(四段以上)演武図から―


 ・内神道は古代の「本流の楊式太極拳」を武道化しました。

 ・楊式太極拳を母体として「古代中国編成」と「現代中国編成」などとの移動点

  を指摘し、武術的な内面追及の深さと実際の効能の豊かさを求め続けます。

 ・内神道の武道体系は1981年の創始された年から空手道やキックボクシング

  など他流の武道との交流試合経験や医療の現場からの協力を求められての

  支援等を通じて1986年ごろまでに纏められました。

 ・日本の文化である「静坐」は物に驚かない「気力」を産む伝統でした。

 ・古代から禅や正座や胡坐等に親しんで、日本人は静けさを手にしてきました。

 ・本流の楊式太極拳の源流は、古に日本国に渡ってきて、日本人の心の中に

  こそ生き続けてきていました。




  厚生労働省ースマート・ライフ・プロジェクト参画
  =(厚生労働省より承認を頂いている内神道の正式ロゴです。無断転載を禁止いたします)=
                                                                       




桜川市との協働ー社会福祉協議会
    茨城県桜川市社会福祉協議会との協働です。

    高齢者福祉の太極拳クラスは15年ほどです。


































   “Authentic Yan T'ai Chi Ch'uan”
   
Completed in The Present-Day,
  
by excavating ruins of an ancient arts

       














                  


 震災で苦労された方がた、どうか我々とともに、勇氣を与えあって進みましょう。我々も被害甚大でした

 
追悼ー林邦史朗先生の、ご逝去を悼む。

                NHK大河ドラマの殺陣師で、刀道9段だった林邦史朗先生が、2015年の10月29日に逝去されました。
      内神道組織は深く喪にふくしておりました。内神道は林邦史朗先生を通じて、本当に多くのことをNHKにも寄贈してきました。
      内神道は新しい発展段階に入っています。静かに林邦史朗先生の遺産を伝え、また林邦史朗先生との友情を守ってまいります。

    
   
 NHK大河ドラマ「真田丸」で、武田信玄を演じられたのが最後の仕事となった。
     「武田信玄をもっとも尊敬する」と語っておられた。                      → 遠き未来に向けて――林邦史朗先生のご逝去を悼む
     

最近の情報
     ※OS.ソフトバージョンの違いによる表示不可と乱れの回避 = 「ツール」から「互換表示設定」を指定してください


太極拳のながれ 

 
 内神道をご理解いただく緒論   

   内神道=日本武道として立道→ 剣道他との比較論    
    「内神道」と「太極拳」     → 用語の比較
    「内神道」と「多聞」      → 多聞の説明と目的
   「内神道」と「合氣道」     → 合氣道との比較

  






広告・主要な事業2014

  広告; 佐野道場 →  
  広報;  主要な事業 →new2014


         


多聞内神道の国家登録名称(特許庁)

        多聞内神道 = 世界武道文化法人 世界多聞内神道(たもんないしんどう)武道連盟 の公式サイト

  「多聞内神道」 =武道の門名 =REGISTRATION NUMBER 第4749019=特許庁長官
  「老子の武道」 =武道名    =REGISTRATION NUMBER 第5346822=特許庁長官
  「伝統本流楊家」 =日本正統 =REGISTRATION NUMBER 第5346823=特許庁長官
  「静坐の門」 =武道第U門名 =REGISTRATION NUMBER 第5590866=特許庁長官
  「内神道」   =武道の
大門名 =REGISTRATION NUMBER 第5666766=特許庁長官 

  ※法人の公称が変わりました。世界文化へ向けて、東販、日販、流通、広報、新聞各社において
   「世界武道文化法人」の名称で法人公称をいただきました。
 


最近の情報

  本流楊式太極拳の殿堂  多聞内神道 新宿区西新宿7の2の10栄立ビル  電話03−3371−3888
                   
筑波関東総道場 茨城県石岡市小幡1836−1 電話0299−42−3484      
  

  どんなに時代がかわろうと、善なる人間たちの心はかわりません。多聞内神道は道にかなった行為をすれば道を得る
  という法則を知って武道を行い、武士道を行っております。
  Good deed brings happiness and evil deed brings misfortune.

  


   ●2013年定例師兄会(含迎新会)の師兄会代表 長尾鐘童範士9段 ならびに田代幸男事務局長挨拶文から
 → 挨拶文
   
   ●世界武道文化法人「世界多聞内神道武道連盟」の道長宗家講演があります。 道長宗家講演は
終了しました。 
                                                       → 道長宗家講演(11月24日(日))

   ●筑波山神社奉納演武会2013年度における「八股のおろち」切りの「古事記」にのっとった儀式 → 筑波山神社奉納演武会2013

                                                                    
   ●2013年度版=「藝道新風」が発刊されました。 →
「紀伊国屋書店」= 長尾豊喜著作案内
 
               今後、「多聞内神道」の詳細な活動、研究等は、この機関研究誌をご覧ください



本流の楊式太極拳入門発刊

                             本流の楊式太極拳入門 honryu-yosiki
 内神道の30年の全精神と完成された技を集約して、「自然療法学」を加えた書物です。  

 稽古の前の必読書として、また病気療法に必須の書物として医学界の一部から期待されています。

 武道をより深く為すものたちにとっても、これ以上の名著には出会えないでしょう。








 本流の楊式太極拳入門 =奇跡の健康と自然療法の論 


 内神道30周年記念事業として、つくば市研究学園都市道場―文化武道小ホール開道と、「本流の楊式太極拳入門」の出版が行われました。

水戸常陽銀行母体の最高グレードの文化公益財団を指導して30年になります。 →常陽藝文学苑
東武百貨店母体の都心最大のカルチュアスクールに指導して25年になります。 →東武カルチュアスクール 

                          ●「多聞内神道SHOP」 =   SHOP → 
教材の一覧



SHOP DVD、CD、書籍等申込画面

鏡張りのダイヤモンド道場=新宿本部
      新宿本部道場
2000坪の浄瑠璃、癒し空間
  筑波関東総道場  
文化都市つくば市の文化ホール
    つくば都市道場

                           (多聞内神道の三大道場)


                     (ホームページは、震災後の書き換えにっております)



過去の記事から


過去の記事から  =   楊式太極拳の本家であり、老子哲学を真に伝える、名門武道=多聞内神道

       ※映像; 待ちに待った梅が開花しました。放射能の散る常陸ですが、また春が巡ります……。
               アメリカのインディアンのことば=未来の子供たちの土地を、お借りしているのだ=
               土地や自然を壊さない人類でありたいものです。図は、原発事故にもめげず、美しく開花した筑波関東総道場の梅。
               多聞内神道も、まだ、被災のまっただ中です。
 
2012年梅開花

 震災で苦労された方がた、どうか我々とともに、勇氣を与えあって進みましょう。
 我々も被害甚大でした

 復興祈願と、自助にて国を守る決意の、静かな演武会であった。 
 ・ 2011年筑波山神社奉納演武会 → 演武会


                            
      ・「老子の武道」を発刊  老子の武道  毎日新聞社(毎日出版広告) →


              
空海大師著「般若心経秘鍵」
  武人の「静坐」の教養として、書かれた基本書です。

  これは、震災の追悼を祈願して書かれたものでもあります。








          「般若心経秘鍵」 →  → 案内

          「般若心経秘鍵」 → 目次 と 諸論

                              
                                          


   多聞内神道からの、紹介 ――

      ・高井銕夫 顧問が「剣道時代」の先頭に紹介されました →   高井銕夫 先生の「私の好きな言葉」 → 
     ・黒澤明記念映画祭参加の映画作品を希望者におわけいたします →  黒澤明記念映画祭参加作品 → 映画説明


  画像で伝えるところの最近の主要な多聞内神道の公示2007――

    ・ 筑波山神社から報告 筑波山神社2006演武会 →
     ・ さいたまスーパーアリーナー演武会川柳 楊式太極拳のうた荒井文也先生 →

    ・さいたまスーパーアリーナ演武会速報 →
    ・茨城放送 提供中  IBS 茨城放送 放送最近の内容 →
    ・高幡不動尊から報告  高幡不動尊演武会 →
     ・ 筑波山神社から報告 筑波山神社2007演武会 → 
     ・ 多聞内神道の25周年記念 明治記念館での感謝祝賀会 → 


    画像で伝えるところの最近の主要な多聞内神道の公示2008―― 
  ・筑波山神社参拝2008年 多聞内神道の役員初詣 →  
  ・王プラザホテル2008年2月10日(日) 合気道養神館 千田務 元道場長 励ます会→  
  ・稲尾和久 元ロッテオリオンズ 監督追悼 長尾豊喜先生 あらためて3月13日(木) 稲尾和久 先生追悼 稲尾和久 先生追悼→   
  ・IBS 茨城放送 多聞内神道太極拳長江会 2008年3月〜 提供分 IBS 茨城放送 多聞内神道 提供中 →   
  ・常陽藝文学苑は発展し地域に貢献している。その設立をなされた恩人が他界 長尾豊喜先生が献花に 青鹿明司 先生追悼 → 
  ・暑中稽古と「氣勁(けい)」の積極的指導が 本年度後期テーマ → 暑中稽古景色2008 →
  ・多聞内神道 2008年度 筑波山神社演武会 筑波山神社2008演武会→  
  ・筑波関東総道場 2008夏のおもいで 筑波関東総道場 2008夏のおもいで→
  ・大沢則夫 先生が、関東綱引き連盟の代表に就任。また全国綱引き連盟の理事にも就任 → 大沢先生 綱引き連盟理事に 
 
     
・筑波関東総道場 の隣人 寺山旦中 先生逝去。 長尾豊喜 先生 無念の追悼 → 寺山旦中 (葛常)先生追悼  

     
・中原誠 将棋永世名人、永世10段、名著「将棋脳」を、 長尾豊喜 総裁に贈呈 → 中原誠 将棋名人の「将棋脳」 

     ・
多聞内神道筑波関東総道場 の暑中稽古 → 藤田明彦先生、松尾俊明先生、星野明先生、小川行勇奨励部長 → 映像に観る暑中稽古  
 


              画像で伝えるところの最近の主要な多聞内神道の公示2009―― 

     ・多聞内神道2009年初春賀 多聞内神道2009初春賀 →
     ・「妙」の深音、「玄」と「武士道」の輝く悟り 老子の武道発刊  2009年7月27日老子の武道発刊 → 
     ・筑波関東総道場 新たな井戸を掘る「大理天澤水(だいりてんたくすい)」と命名  筑波関東総道場天澤水 → 
     ・林邦史朗先生 芸能生活50周年記念公演 とりに「楊式太極刀」を披露 林邦史朗先生50周年記念公演 「名残」 →  
     ・筑波山神社2009奉納演武会報告から 筑波山神社奉納演武会2009 → 
     ・2009 多聞内神道王大戦 組み合わせ決定  2009多聞内神道王大戦(さいたまスーパーアリーナー) → 
     ・多聞内神道顧問 高井銕夫先生(剣道範士八段・85歳)が京都大会武徳殿で、立合い →  高井銕夫先生 武徳殿で立合い
      ・長尾豊喜 多聞内神道道長宗家執筆 「老子の武道」が2009年7月27日発刊しました → 長尾豊喜著 「老子の武道」 
        


           大きな天威であったと思う。厳しい試練である……。恐ろしいほどであった被災地 → 津波の恐怖   
              
被災した仙台名取  


 長尾豊喜道長先生の講演;行事から―― 主要なものを掲載= 

                     ●武道学会での講演が2007年8月31日(金)、東海大学で、長尾豊喜道長先生によって行われました。
                     全国からの著名な柔道家・武人・学者・研究者が集まった柔道部会での講演でした。
                     小川行勇先生が同行され、道長先生の相手をとられました。 東海大学での武道学会講演 →

                  ●つくば市立東竹園中学校での義務教育への武道授業が2007年10月16日(火)長尾豊喜道長
                     先生によって行われました。高いIQをほこる名門中学では、子供たちが十分に優秀に、楊式太極拳
                     の氣を学習終えました。 つくば市立東竹園中学校での、武道授業 →

                 ●大分県の豊後竹田市久住では、大分県他の後援や毎日新聞社等の支援で、楊式太極拳の普及に
                      医療法人大久保病院が取り組んでくれております。2009年9月9日には、竹田市にて道長先生の
                      講演が行われました。田代先生、杉原先生らが同行しました。 
大分県竹田市公開講座 →


 

関連サイト

 多聞内神道のグループ広報サイト → 多聞内神道武道 PUBLIC―RELATIONS(TAMON・INFO)
 多聞内神道へのご連絡 →  多聞内神道 MAIL受けつけ 
 長尾豊喜道長先生のサイトへ → 長尾豊喜 老子経公式サイト
 太極拳長江会の新宿道場 → 太極拳長江会
 環境支援 → 太極拳長江会 支援ほか 筑波山環境クラブ公式サイト 
 太極拳長江会への「声」のサイト → 太極拳長江会VOICE
 楊式太極拳 自然からの静かなるやわらかき力 → 長尾豊喜 「楊式太極拳」公式サイト
 老子哲学文化館(楊式太極拳の文化) → 長尾豊喜 老子哲学文化館
 多聞内神道顧問 芳賀脩光教授サイト → 長尾豊喜 著 楊式太極拳の推薦執筆 芳賀脩光 顧問サイト

  










 本流の楊式太極拳道の多聞内神道 新宿区西新宿7の2の10栄立ビル 電話03−3371−3888 FAX03−3371−3348


                              CONTACT多聞内神道

              

               Copyright (C) 2014 NAISHINDO 無断転載を禁じます。
              Copyright (C) 2014 Tamon Naishindo. All Rights Reserved.

--------------------------------------------------------------------------------
                    TAMON NAISHINDO from 老子 about655 B,C. 
--------------------------------------------------------------------------------